イートン英会話スクール・イートン塾のウェブサイトです。
横手、湯沢、大仙の英会話なら「イートン英会話スクール」 横手、湯沢、大仙の塾なら「イートン塾」
 
 
 ◆MENU
イートン英会話スクール
  英会話スクールご案内
  子どもの英会話コース
   ∟ 子ども英語の特徴
   ∟ 指導法
   ∟ 月謝
   ∟ コース紹介
     ・ピンクコース
     ・ホワイトコース
     ・パープルコース
     ・イエローコース
     ・オレンジコース
     ・ブルーコース
     ・ベアーズ(小6)
   ∟ 教材
   ∟ 父兄の声
  一般英会話コース
  入校申込み
  よくある質問
  無料体験入学案内
イートン塾
イートンモバイル
メールマガジン
イートンコミュニティ
サイトについて
   
 
イートン英会話スクール・イートン塾では無料体験入学実施中!
 
 ◆携帯電話専用サイト
イートン英会話スクール・イートン塾ケータイ用QRコード

※携帯電話のドメイン指定受信をしているお客様は「etonmo.com」からの受信を許可してください。お返事は、パソコンから行っております。

※QRコード非対応機種のお客様は、お手数ですが携帯電話から直接「http://www.etonmo.com」へアクセスしてください。

 
 ◆リンクバナー
イートン英会話スクール
横手、湯沢、大仙の英会話なら「イートン英会話スクール」
 
イートン塾
「わかった!!がうれしい」横手、湯沢、大仙の塾なら「イートン塾」

※当サイトは、リンクフリーです。

※リンクバナーへの直リンクはご遠慮ください。画像保存していただき、バナーのご使用をお願い致します。

※リンク先は、 「http://www.etonmo.com」へお願い致します。

 
 Let's ENJOY English!!
横手、湯沢、大仙の英会話なら「イートン英会話スクール」
イートン子どもの英会話コース「外国人講師による生の英語のシャワーをたっぷり浴びる!」
     イートン英会話スクール「入校申込み」 イートン英会話スクール「お問い合わせ」 イートン英会話スクール「無料体験入学」
 
横手、湯沢、大仙の「イートン英会話スクール」「イートン塾」は、英語が楽しくなる・成績が上がる・安心の月謝制です。
 
  子ども英会話スクールご案内
イートン子ども英会話コースの特徴
   
1.「外国人講師による生の英語のインプット」
 
イートンのこども英語の特色は、ベアーズコースを除いて、
ネイティブスピーカー(英語を母国語とする人)の先生が、
普通に英語で語りかけてレッスンをするところにあります。
年齢が若いほどネイティブによる指導が有効です。
こどもたちは、自然に理解していきます。
この時期に、生の英語をインプットすることで語学のセンスを
身につけることは、大きな財産になると思います。
イートン子ども英会話コース
 
2.「聞く、話す、読む、書く」
  イートンの子ども英語の目標は、表現、語い、フォニックス、文法の内容を、
様々な手法(歌、チャンツ、ゲーム、ストーリー、テキスト、副教材、コピー等)を
用い、聞く、話す、読む、書く、を通して習得することにあります。
この内容を年齢、経験に応じた指導の仕方で教えていきます。
 
3.「くりかえし」
  週一回のレッスンですので、時間をかけてゆっくり、何度も繰り返すことで自然に
身につけ、しっかりとした英語の基礎を築くことが主眼であります。
 
4.「英検挑戦」
  習熟度のひとつの目安として、高学年で英検5級、4級の取得を目指します。
リスニングに関しては、外国人の先生の生の英語に接している小学生のほうが
中学生よりも正答率が高くなっております。
17年度では、5級12名、4級3名合格しました。

イートンは、英検の準会場になっており、年3回試験を実施しておりますので、
是非挑戦させてください。
 
5.「ベアーズコース(小6英語)について
 
高学年になると部活等でレッスンの時間に来ることが出来ない
お子さんがおります。
そういう人のために日本人の先生が担当する「ベアーズコース」
があります。
このコースは、曜日、時間を相談して決められますので、
ご利用ください。
高学年になると思考パターンが変わってきて論理的思考を好む
ようになります(反抗期)。
できるだけ、会話的にすすめ、読み書きもしっかり指導します。
ご相談ください。
イートン子ども英会話コース
イートン子ども英会話コースの指導法
イートン子ども英会話コースの基本理念「使える英語を目指す」
  ・・英語で楽しんで好きになろう!そして、上達!!・・
  よく、受験英語、学校英語、文法、英会話など、それぞれ違うものだという人がおりますが、
英語は英語です。
グローバル化のこの時代に、英語を使って、コミュニケーションができるように、我々は
勉強していくのです。

勉強のための英語ではなく、コミュニケーションのための英語です。
子ども英語のメリットは、子どもたちは言語を「勉強」ではなく「ことば」として、
とらえることができることです。
早い時期から、ネイティブ(本物)の英語に浸り、ゆっくり、のびのびと楽しく言葉を習得し、
語学のセンスを身につけて、子どもたちの今後の英語力のお手伝いができればと
考えております。

英語は、一語文から始まり、徐々に文になっていきます。
語いを増やしながら、子どもたちが、英語を使える場面をたくさん作って、コミュニケーションが
成立するおもしろさを体得できるように、イートンは、活動を続けていきます。
イートン子ども英会話コースの指導法
 
   
  ナチュラルアプローチ 教え込むのではなく、自然に言葉を習得していく
ように指導する。
幼児は、母国語を覚えていく時、教えられなくとも
自然に習得して
いきます。そのような環境をつくります。
ネイティブの先生が母親が子どもに話しかけるように、
どんどん英語で話しかけます。
どんどん英語の音をインプットしていきます。
アウトプットは強要しません。次第に発話するように
なります。
このアプローチは、特に8才、9才までの子どもに
有効です。
  イートン子ども英会話コース
   
   
  オーラルアプローチ
見る(目)-聞く(耳)-声に出す(口)-行動する
(身体)-書く(手)。
絵、カード、物、画像などできるだけヴィジュアルな
ものを見ながら、先生の発する英語をリピートします。
特にチャンツや歌が有効です。
毎回繰り返すことで語彙、表現を習得していきます。
   
   
  TPR【トータルフィジカルリスポンス】 先生の英語の指示に身体で反応する。
一語文の命令から徐々に複雑な指示になっていく。
特に動詞の認識に有効。身体で覚えていきます。
   
   
  アクティビティーベースドゥアプローチ ゲームを通して英語を覚えていく。
ゲームに必要な道具としての表現を覚え、それを
実践的に使って自然に習得していく。
   
   
  フォニックス【読み書き】 日本語で「あ」は「ア」と発音しますが、英語の「A」は
「エイ」という名で実際は「ア」、「エァ」とか「オ」と
発音します。
これが日本語と英語の大きな違いです。
英語の文字と音の関係をゆっくり時間をかけて
覚えます。
まず、アルフェベットの認識、文字と音の関係を覚える。
次に、3文字程度の単語が読めるようにします。
そして、文章が読めるようになれば、学習の幅が
広がります。
フォニックスのレベルがクラス分けの基準ですが、
焦らずゆっくりやることが大切です。
高学年は、フォニックスに多少力を入れます。
  イートン子ども英会話コース
   
 
イートン子ども英会話コースの年令、経験による指導法
    これらのアプローチは、一つ一つ独立したものではありません。年齢に応じた指導を
  心掛けていきます。
  たとえば、買い物ゲームをする場合、その年令がたのしめるように、語いから
  ターゲットや表現を変えていきます。
   
 
  たとえば、買い物ゲームを例にとってみると
  ピンク An apple please. ・くだものの名前を覚える
   ↓ Here you are. ・買い物の表現を覚える
   ↓ Thank You. ・お金の数え方を覚える
  ホワイト Hello,I want a big apple. ・形容詞を覚える
   ↓ Can I have two apples and three bananas? ・気持ちを伝える
  オレンジ Do you have any apples?  
   ↓ How much is it? イートン子ども英会話コース
  ブルー It 20$.
   ↓ 20$!! It's too expensive.
   ↓  I don't want to buy.
   Make it cheaper, please?    
イートン子ども英会話コースの指導目標
 
  語彙 生活感の中で、英語に親しみながら生活の中の語彙を身につける。1000~1500
  表現 生活の中で必然的に出る表現を理解し言えるようにする。
  文法 複数形、代名詞、現在、過去、進行形、助動詞、前置詩など場面設定の中で
違いが分かるようにする。
  読み書き フォニックスを通して、アルファベットの認識、3文字語が読める、
センテンスが読める、書ける、簡単な文章が読める。
  暗唱 歌、チャンツ、ストーリーが暗唱できる。
子どもの時に覚えた歌は忘れない。それが英語の原点になってほしい。
  英検目標 5級、4級
イートン子ども英会話コースのレッスンの流れ
 
  Warmer: Greeting  Songs  Attendance  Review  Speak aloud  TPR
   ↓ Chants  Expressions  Q&A
  Filler: Introduction  Listening  See and watch  Text book  Role play
   ↓ Games  Activities  Drawing  Writing
  Ender: Picture Stories  Story listening  Songs
  Telling information  Passport(ハンコをつくカード)  Greeting
 
イートン子ども英会話コース イートン子ども英会話コース イートン子ども英会話コース
 
イートン子ども英会話コースの月謝
 
・月4回平均(年間48回)
・月謝 7,000円
・入会金 5,000円(兄弟の場合は、2人目から無料)
・維持、教材費 6,000円(年間)
  子どもの英会話コースのご案内
 
イートン子ども英会話「ピンクコース(4才~6才対象)50分」
 
 4才~6才の園児コースです。ご父兄と一緒に学べます。
 この年令は、英語に対する違和感がないので、スムーズに覚えます。
 そのまま真似するので、ネイティブのような発音をします。
 歌・ストーリー・読み聞かせ・カードゲーム・買い物ゲームなどで、色・
 形・数学・動物・くだもの・簡単な動詞・形容詞などを覚え、アルファベット
 とフォニックスで、読むことの準備をします。

 教材: ピクチャーディクショナリー・イートンオリジナルテキスト・
      カードなど

イートン子ども英会話
  携帯品の確認
  ・クリアブック … 授業で使ったコピーをファイルしておくもの
  ・色えんぴつ
イートン子ども英会話「ホワイトコース(小1~小3対象)60分」
   小学校1年生~小学校3年生の、1年目または2年目のコースです。
 ピンクコースの内容に加えて、自分のことが言えるようにします。
 Yes,Noが言えるようになり、簡単な質問に答えられるようになります。
 もちろん、ゲームやアクティビティを通じて楽しく英語に触れていきます。
 フォニックスで、大文字・小文字の認識から、3文字単語が読めるようにします。

 教材: ピクチャーディクショナリー・ペンマンシップなど

 
  携帯品の確認
  ・クリアブック … 授業で使ったコピーをファイルしておくもの
  ・色えんぴつ
イートン子ども英会話「パープルコース(小1~小3対象)60分」
 
 小学校1年生~小学校3年生で、ピンクコースまたはホワイトコースで
 2年以上の経験のある子供たちのコースです。
 ピクチャーディクショナリーに加えて、(Let's go1)テキストを使い、
 聞くこと、話すことから、少し読むこと、書くことにも重心が置かれます。
 Q&Aができる・自分のことが言える・感情が表現できる・3文字単語
 から、少し長い単語、簡単な文が読めるようになるのが目標です。

 教材: ピクチャーディクショナリー・(Let's go1)テキスト・ペンマンシップ・
 イートンシートなど

イートン子ども英会話
  携帯品の確認
  ・クリアブック … 授業で使ったコピーをファイルしておくもの
  ・色えんぴつ
イートン子ども英会話「イエローコース(小4~小6対象)60分」
   小学校4年生~6年生のコースです。はじめて、または2年目の生徒のコースになります。
 内容は、パープルコースとおおよそ同じですが、この年令の子供たちは、遊びばかりの
 レッスンでは満足しなくなります。
 知的欲求が強くなりますので、内容やゲームも年令的特徴に合わせて、かつ、あくまでも
 楽しく学べるものになります。

 教材: ピクチャーディクショナリー・(Let's go1)テキスト・フォニックスシート・イートンシートなど

 
  携帯品の確認
  ・クリアブック … 授業で使ったコピーをファイルしておくもの
  ・色えんぴつ
  ・英語用のノート … 13行のもの
イートン子ども英会話「オレンジコース(小4~小6経験者対象」60分」
   小学校4年生~6年生で、経験が2年以上のコースです。
 フォニックスがある程度のレベルに達した子供たちが対象になります。
 Q&Aができる・ある程度の文章が読める・自分のことが言える・感情が表現できる・状態を
 表現できることが目標です。
 (Let's go2)テキストを使います。英検5級に挑戦できます。

 教材: ピクチャーディクショナリー・(Let's go2)テキスト・イートンシートなど

 
  携帯品の確認
  ・クリアブック … 授業で使ったコピーをファイルしておくもの
  ・英語用のノート … 13行のもの
イートン子ども英会話「ブルーコース(小5~小6経験者対象)60分」
   小学校5年生~6年生で、経験が3年以上、または、フォニックスレベルがある程度以上の
 生徒のコースです。
 レッスン中は、日本語を禁止することもあります。
 ある程度長い文章が聞ける・言える・読めるのほかにも、三人称・現在・過去・代名詞などの
 認識ができます。
 物や状態の説明ができることが目標です。
 (Let's go3)テキストを使います。英検5級、4級に挑戦できます。

 教材: ピクチャーディクショナリー・(Let's go3)テキスト・イートンシートなど

 
  携帯品の確認
  ・クリアブック … 授業で使ったコピーをファイルしておくもの
  ・英語用のノート
イートン子ども英会話「ベアーズコース(小学6年生対象)60分」
 
 小学校6年生で、初めて英語を勉強する子供たちのコースです。
 この年令には、説明が必要なので、日本人の先生が担当します。
 聞く→話す→読む→書くの順で、中学英語の準備をします。
 英語に関しては、遅くとも小学校6年生から始めることがベターです。
 中学1年の内容を理論ではなく、身体で覚えます。
 中学生より、覚えが早いので、この時期から始めて、英語に自信を
 つけることで、その後の英語の飛躍につなげます。

 教材: ピクチャーディクショナリー・(Let's go1)テキスト・フォニックスシートなど

イートン子ども英会話
 携帯品の確認
 ・クリアブック … 授業で使ったコピーをファイルしておくもの
 ・英語用のノート … 13行のもの
 
イートン子ども英会話「教材」
 
  ・ピクチャーディクショナリー イートン子ども英会話「教材」
イートン子ども英会話「教材」
イートン子ども英会話「教材」
  ・Let's go1、2、3
  ・ペンマンシップ
  ・イートンオリジナルシート
    ・Stage 1
    ・Stage 2
    ・Expressions
    ・Words、words、WORDS
  ・絵本
  ・カード
 
イートン子ども英会話「父兄の声」
 
テレビの英語番組を一生懸命見ていたので、イートンに通わせました。外国人の先生で大丈夫かなと思いましたが、すぐに慣れて先生の話していることが分かっているようです。発音もネイティブのうようです。毎週、イートンの日を楽しみにしています。   (ピンクコース
イートン子ども英会話「父兄の声」
看板や雑誌のローマ字を見ると読もうとします。 (ホワイトコース
イートン子ども英会話「父兄の声」
 
ディズニーランドで、外国人の子どもに自分から話しかけるのにびっくり。 (ホワイトコース
 
英検4級に合格しました。 (ブルーコース
 
子どもがピクチャーディクショナリーを読んでいるのを聞いて、私も負けずに勉強しています。 (ピンクコース

Copyright (C) 2008 ETON. All Rights Reserved.